健康維持に精油を活用しましょう

花粉症の予防に有用性のある化学成分としては、セスキテルペン類があげられます

肥満細胞(マスト細胞)の細胞膜を安定させてヒスタミンの放出を調整する働きをするものもあり、細胞の再生をも促す作用があるといわれています

そのため、皮膚や粘膜の刺激や神経過敏を抑制することに有用性が高いでしょう

一般的にそれらを含有し、花粉症に有用性がある精油としてはジャーマンカモミール(Matricaria recutita)とメリッサ(Melissa officinalis)が知られています

ジャーマンカモミールのカマズレン(セスキテルペン)が特にすぐれた消炎作用をもたらします
このカマズレンは植物を蒸留する段階で生成される化学成分です

また、アズレンは、ヒスタミンの遊離を阻害(ヒスタミンが誘発する反応を抑制)するものであると考えられています

メリッサでは主にβ-カリオフィレン(セスキテルペン)が抗炎症作用(アレルギー性鼻炎などによい)を担っています

しかしながら、花粉症の症状がひどく出てしまってからでは精油やハーブの有効成分の働きが追いつきにくくなる上に、精油は薬ではありませんので、何らかの疾病を治す目的で使ってはいけません

日常的に健康維持や健康促進の目的でトリートメントや沐浴、芳香浴(吸引することなど)などをして予防することが大切であると考えます

上記の他に花粉症予防の精油として、ヘリクリサム(Helichrysum angustifolium)、ラベンダー(Lavandula angustifolia)、サイプレス(Cupressus sempervirens)、マヌカ(Leprospermum scoparium)、シダーウッド(Cedrus atlntica)、ミルラ(Commiphora myrrha)などが役立つでしょう ※他にも数種あります

是非ともアロマセラピーを生活の中に取り入れて健康を維持して暮らしましょう